FC2ブログ

手指の伸筋(しんきん)

                             
今日の記事のカテゴリは? ⇒ 医学の小話
この医学の小話のカテゴリでは、いろんな小ネタや疾患などについてまとめていく予定です。
基本的にゆ~が担当します。
分かりにくい表現があれば、教えて下さい。医学的に知りたいことの質問でもOKです。


先ずは↓の図を見て下さい。
P1010325-2-080901.jpg
親指以外の4本の指(第2-5指)を上に反らすと、それぞれの指の伸筋腱(しんきんけん:指を伸ばすための筋肉の腱)が浮き出てきます。指を伸ばしたままの状態でもいいのでやってみて下さい。
人によっては出難い方もいるので、身近な人を捕まえてやってもらってみて下さい。

その中で、第2指(人差し指)の腱(上の図の赤い線)に注目して、この形を覚えておいて下さい。

次に他の指を曲げたまま、第2指(人差し指)だけを伸ばしてみます。すると・・・・・・






なんと、先ほどは一直線だった人差し指の腱がカーブを描いて曲がるではありませんか。
さっきの図では、黒い線の位置にあったというのにっっっ。

P1010326-2-080901.jpg

どうしてこんなことが起こるのでしょうか。


実は、親指以外の4本の指(第2-5指)を伸ばす筋肉(伸筋:しんきん)には3つあります。
●総指伸筋 Extensor digitorum muscle そうししんきん
●示指伸筋 Extensor indicis muscle じししんきん
●小指伸筋 Extensor digiti minimi muscle しょうししんきん です。

「総指伸筋」はその名の通り第2・3・4・5指を伸ばす筋肉。
「示指伸筋」は示指(第2指:人指し指)だけを伸ばす筋肉。
「小指伸筋」は小指(第5指:こ指)だけを伸ばす筋肉です。

このように、第2・5指は独立した伸筋を持っているため、第1・3・4の指を屈曲したままでも容易に伸ばすことができます。  ⇒ よく知られている「影絵のキツネ」の形ですね。

つまり、一番上の図の赤い線は、「総指伸筋」の腱であり、2番目の図ではその下から出てきた「示指伸筋」の腱(黒い線)に押しやられて曲がってしまっているのです。


逆に、第3・4指には独立して伸ばす筋肉は存在しません。
しかも、「総指伸筋」のうち第3・4指を伸ばす筋肉は連結している部分が多いため、伸筋としての独立運動は「第3指ではかなり小さく」「第4指ではほとんど見られない」ことになります。

ピアノをしたことのある方なら体験したことがあると思いますが、第4指(薬指)が思うように上がらなくて、うらめしいと感じたことがあるでしょう。

それは練習不足でもなく個人差でもなく、人間の構造上、上がらないようにできているのです。
スポンサーサイト





ランキングにも参加しちゃいました。応援ポチお願いします♪

2008.09.15 Mon l Edit(管理人のみ) l この記事を印刷 l 医学の小話 l この記事にコメントする(0) l top ▲

肩が痛い!

                             
今日の記事のカテゴリは? ⇒ 医学の小話
すっかり忘れかけていましたが、このブログ、医療系にもリンクしていました。
この半年、書いた医療系の記事、一個
こりゃイカン。

ぷ~~も、一応医者だということをアピールしてみましょう(笑)

肩や肘が痛い、という症状からは、たくさんの病気が考えられます。
その中でも、「そんな病気があったの?!」と言う、あまり知られていない、でも結構外来では見る病気をご紹介しましょう。

その名も「石灰沈着性腱板炎」

詳しく言うと以下の感じです(根気のある人は読んでみましょう)

石灰-Resized


石灰沈着性腱板炎とは、腱板の周辺に石灰物が沈着し、腱板や滑液包が炎症を起こして、肩関節に痛みと運動制限が起こる病気です。

石灰沈着性腱板炎は外来で結構よく見られます。
40~50歳代の女性に多く、突然、誘因なく、激しい肩の痛みを訴えて受診されます。

患者さんは痛みのために肩と腕を全く動かせません。
検査としては、レントゲン検査にて腱板周辺に石灰物が確認できれば確定です。

治療としては、痛みを取り除くことが第一です。
痛みに対しては、非ステロイド系抗炎症剤を処方し、肩峰下滑液包内注射を試みます。
痛みが軽減すればリハビリとして温めたりします。
大体2~3週で痛みが消失します。

中には、痛みが消失しても、石灰物が残存する人もいます。
その様な症例では短期間に同様な症状が起こることがありますので要注意です。
しかし、これらの治療で改善されない人や、再発を繰り返す人では、石灰物敵出術(穿刺法、切開摘出術、関節鏡視下摘出術など)が行われることがあります。




・・・・・要するに、

1.誰にでも突然起こる
2.超痛い
3.レントゲンで骨以外の場所に石灰化(白い物体)が見える
4.痛み止めの飲み薬や注射で
5.2~3週位で治る


病気です。

実は、この疾患をぷ~~が知ったのは、研修医で整形外科を回っている時でした。
多分、大学の授業で教えられたと思うのですが、脳内スルーしていました(汗)。

でも、実際診療してみて、結構診ますね。
五十肩だと思っている人とかに、レントゲン撮ると写っていたり。
この1ヶ月でも、2人程診ました。

この診療所では、痛み止め(局所麻酔+ステロイド消炎鎮痛剤)を注射し、それでも痛い時は痛み止めを飲んでもらい、湿布を貼ってもらっています。

これで、結構すぐ痛くなくなって、腕も上がるようになったと喜ばれています。

ランキングにも参加しちゃいました。応援ポチお願いします♪

2008.10.13 Mon l Edit(管理人のみ) l この記事を印刷 l 医学の小話 l この記事にコメントする(2) l top ▲

喘息

                             
今日の記事のカテゴリは? ⇒ 医学の小話
みなさんは『喘息(ぜんそく):Asthma(アズマ)』と聞くと、何を思い浮かべますか?

一般的に喘息と言えば、
『気管支喘息:Bronchial Asthma』のことを指します。
この中には、アスピリンなどの非ステロイド系抗炎症薬(NSAID:エヌセイド)の服用から数分~1時間後に鼻汁過多、鼻閉、喘息発作が起こるアスピリン喘息(成人喘息患者の10-20%)や、慢性的に咳が出るだけの咳喘息(cough variant asthma; CVA)が含まれます。

気管支喘息の特徴としては、
1.喘鳴(ぜんめい)
 気道閉塞により、呼吸時に高度の乱流が生じ、共鳴などによって周囲の人が聴診器なしでも耳で聞き取れる高い連続性の音(ヒューヒューやゼーゼー)のことを言います。
 ⇒息をはく時に聞こえる喘鳴をwheeze(ウィーズ)と呼び、下気道(肺内)の狭窄で起こります。
 ⇒逆に、息を吸う時に聞こえる喘鳴をstridor(ストライダー)と呼び、こちらは上気道(気管・喉頭)の狭窄が原因です。

 外来の定期診察時に、医師が注意して聞いているのは、wheezeの有無です。
 軽症の方はwheezeのみ聴取され、重症になり上気道まで狭窄するとstridorが聴取されるのです。

2.呼吸困難
 息をはくのが難しくなります。もちろん重症になれば、吸うこともままなりません。
 ピークフローメータと言って、思いっきり息を吸った状態から、全力で息をはいた時の流量を調べる機械があるのですが、毎日モニターすることで重症度の指標となり、また重症になる前の早期治療に結びつきます。

3.咳
 夜間覚醒する喘鳴を伴った咳発作は、気管支喘息の特徴的な症状です。
 咳喘息が疑われる場合には、頚部の気管上に聴診器を置き、強制呼出をさせるとwheezeを聴取します。

4.痰
 痰がないこともありますが、多くは発症初期に粘稠な切れの悪い痰がからみます。

Asthma.jpg

気管支喘息は乳児期(1歳未満児)に発症する小児喘息と、40-50代に発症する成人喘息に分かれます。
それよりも高齢者で、ゼーゼー言いながら外来に来られる方がいますが、高齢者の場合初発の気管支喘息のことは稀で、むしろ
『心臓喘息:Cardiac Asthma』や腫瘍による気道狭窄などが原因のことがほとんどです。

心臓喘息とは...

心臓は全身から戻ってきた血液を、再び全身に送り出す役割をしています。
心筋梗塞や不整脈、高血圧などにより慢性的に心臓の収縮能が悪い(慢性心不全)のある方では、全身に血液を送る力が弱くなり、結果として肺や足に血液がたまっていきます(うっ血)。

肺にたまれば肺水腫(はいすいしゅ)、足にたまれば下腿浮腫(かたいふしゅ)と言います。
この肺に水(血液)がたまった状態では、先ほどの気管支喘息と同じような喘鳴が聞こえます。
しかし実際に診察すると、湿性ラ音と言って息を吸ったときにパリパリパリパリという音が聴診器で聞こえ、レントゲンでは心臓が大きくなり肺に水がたまっている像が確認できます。

気管支喘息と心臓喘息では治療方針が異なるため、きちんとした診断が必要です。
 気管支喘息⇒気管支拡張薬・ステロイドなど
 心臓喘息 ⇒利尿剤・強心剤など
ゼーゼー言っている=喘鳴ですが、喘鳴=気管支喘息ではないのです。

ランキングにも参加しちゃいました。応援ポチお願いします♪

2008.11.21 Fri l Edit(管理人のみ) l この記事を印刷 l 医学の小話 l この記事にコメントする(2) l top ▲

血液型不適合妊娠

                             
今日の記事のカテゴリは? ⇒ 医学の小話
『血液型不適合妊娠』って聞いたことありますか?
Rh(-)と言われたことのある女性の方は知っておいて下さい。

本題に入る前に、血液型についてのお話を。
私達の血液は、ABO式(A・B・O・AB型)とは別に、Rh因子(アールエイチインシ)というのがあります。

例えば、「A型 Rh(+)」「O型 Rh(-)」というように表記します。

輸血する際にはこれらの型・因子などが合わなければ、輸血できません。
それは何故か?

●自己免疫反応
自分の血液型と異なる血液が侵入してくると、その血液を敵だと感じて排除しようとする自己防御反応が生じるのです。風邪のウイルスに対して、それを排除しようとして熱やら痰やらが出るのと同じです。

敵の血液(特に赤血球)を排除し破壊するために、体が作り出す仲間を抗体と呼びます。

●ABO式血液型
ABO式の場合、例えばA型の血液型の人は、A型赤血球(A抗原)を持っていて、さらにB型赤血球(B抗原)を破壊する抗体(=抗B抗体)を生まれつき持っています。逆に、B型の人は、B抗原と抗A抗体を持っています。そして、AB型の人はA抗原もB抗原も持っているため、抗体はありません。最後にO型の人は、どちらの抗原も持っておらず、抗A抗体・抗B抗体を持っています。

緊急時にO型の血液型が求められるのは、A抗原もB抗原も持っていないため、輸血される側の血液型が何であれ、その人が元々持っている抗体に攻撃されないからです。

●Rh因子
Rh因子の場合ABO式と異なり、生まれつき抗体を持っているわけではありません。
D抗原を持っているRh(+)の人も、D抗原を持っていないRh(-)の人も、D抗原に対する抗体(=抗D抗体)は持っていないのです。

じゃあ、何故Rh因子が異なっていても輸血できないのか?抗体を持っていないのに?
それは、上で最初に説明した自己免疫反応のせいです。

自分と違うものが体内に入ってきたら、それを攻撃して破壊しようとするのです。
この時にできるのが「抗D抗体」で、通常は持っているはずのない抗体なのです。

Rh(-)の人に、Rh(+)の血液を輸血すると、自己免疫反応が起こります。
逆に、Rh(+)の人にRh(-)の血液を入れても、攻撃対象の抗原がないので免疫反応は起きないんですけどね。

そして、抗体というのは一度できてしまうと、きちんと記憶され、次に入ってきたらすぐに対応できるようにしています(終生免疫)。このことがメリットであり、『血液型不適合妊娠』ではデメリットでもあるのです。

↓伸び放題になった髪の毛を切られそうになるひひ~ちゃん(1/21)
実はこの後、右側を切りすぎて、アシメになってしまいました。
IMGP6340-Resized.jpg

●血液型不適合妊娠
さて、ややこしくてゴチャゴチャしてきましたが、ここからが本題です。
赤ちゃんの血液型は、パパとママの血液型によって様々なので、ママと胎児のABO式型・Rh因子が異なることが多々あります。この時に問題となってくるのが、ママがRh(-)の場合です。

ママがRh(-)でパパがRh(+)の場合、2人の子供は90%ほどの確率でRh(+)となります。
確率は少ないですが、Rh(-)の女性がRh(-)の子を産んだ場合、何の問題もありません

次に、Rh(-)の女性がRh(+)の子を産んだ場合も、何の問題もありません

あれっ、言ってることが可笑しいぞ!と思ったあなた、話はここからです。
Rh(-)の女性がRh(+)の子を産んだ場合に問題がないのは、初回妊娠の第1子の場合です。

Rh(-)の女性が初回妊娠でRh(+)の子供を妊娠すると、この第1子の分娩時に胎盤剥離により胎児の赤血球が母親の血液中に混入してしまい、自己免疫反応が起こり母親の体内に抗D抗体が作られます。

それを知らずに第2子を妊娠すると...
ママの体内で作られてしまっている抗D抗体が胎盤を通って胎児の体の中に入ってしまいます。
第2子がRh(-)であれば抗D抗体に破壊されないのですが、大多数はRh(+)ですので、抗D抗体に破壊され、溶血性貧血(ようけつせいひんけつ:赤血球が破壊される)を起こします。そして、分娩後数時間で黄疸が出現し、胎児をこの状態のまま放置すると核黄疸を起こし脳に障害を与え、悪くすると死亡します。

恐いことを書きましたが、現在ではきちんとした予防方法があるので何の心配もいりません。

●血液型不適合妊娠による溶血性貧血の予防と治療
1.第1子(Rh(+))を妊娠出産後24~48時間後にRhガンマーグロブリン(ローブリンなど)をママに注射します。このRhガンマーグロブリンは母親の体になんの影響も与えず、母親の体内に抗D抗体が作られるのを防止する働きがあります。
 第2子以降の出産でも、このRhガンマーグロブリンを注射します。市町村によっては、全額補助されているところもあるようです。

2.仮に既にママの体内に抗D抗体が作られており、妊娠・出産後の子供に溶血反応や黄疸が起きても、Rh陰性の血液で交換輸血を行い子供の血液を入れ替える治療法で子供を救うことができます。

↓アシメどころではありませんね。
IMGP6517-Resized.jpg

●補足
ABO式の血液型が違っても同じことが起こるのではと思った方はなかなか鋭いですね。
専門的な話になりますが、ABO式血液型の抗A・B抗体はIgM型と言って胎盤を通過しないタイプです。
Rh因子の抗D抗体は、IgG型と言って胎盤を通過(Go!)するのです。参考までに。

ランキングにも参加しちゃいました。応援ポチお願いします♪

2009.01.22 Thu l Edit(管理人のみ) l この記事を印刷 l 医学の小話 l この記事にコメントする(2) l top ▲

死亡診断書

                             
今日の記事のカテゴリは? ⇒ 医学の小話
ゆ~の勤務している町では、超高齢者が多く在宅での看取りを希望される方も多いです。
そんな中、「最後の受診から24時間以上経過したら死亡診断書が書けなくなり、警察を呼ばないといけない」と、多くの医師・家族は勘違いしていると思います。

医師法第20条にはこんな風に記されています。
『医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。

赤字の部分の解釈を間違って、最後の診察から24時間以上たっていたら、死亡診断書を書くことができず、警察に連絡して死体検案書を書かないといけないと思っている人が多いのです。

本当の解釈としては、最後の診察から24時間以内に死亡した場合には、再度診察しなくても死亡診断書を書いてよいということである。戦後間もない時期に作られたこの条文の背景として、今のように交通が発達しておらず、徒歩で山奥に何時間もかけて往診に行っていたような時代です。そんな時代なので、再度診察しなくても死亡診断書を書けることを認めたのでしょう。

交通の発達した現在。在宅看取りを希望されている方が亡くなった場合、24時間以内に診察してあっても、再度診察に行かない医者はいないと思います。こんな紛らわしい文章は外して欲しいものです。

結論としては、最後の診察後24時間を超えていても、診療していた疾病で死亡した場合には、死亡診断書を書いてもよいということです。

参考Webサイト:医師法第20条と在宅医療
(http://www.hi-ho.ne.jp/okajimamic/m411.htm)

話は変わりますが、警察を呼んで検死しないと死体検案書を書けないと勘違いしている人も多いです。
診療していた疾病で死亡した場合には、もちろん死亡診断書を書きます。
診療していた疾病以外の病気で死亡した場合には、死体検案書なのです。ただし、その死体に異状が(もしくは外因死で)あれば24時間以内に警察に届けなければいけません。

たとえば、肺炎で入院している人が、肺炎でなくなれば死亡診断書。
その人が外出中に交通事故で亡くなれば、外因死なので警察に連絡した上で死体検案書となります。

また、上手な例えは見つかりませんが、施設に入所している方が、吐血した血の海でなくなっているのを発見されたら、厳密には死体検案書になるのでしょう。状況的には出血性胃潰瘍→出血性ショックなどが考えられますが、解剖しない限り吐血なのか喀血なのか、出血性ショックなのか吐物の誤嚥なのかは分かりません。

死体検案書を書いても、異状死体ではなく外因死でもなく病死と判断すれば警察に連絡する必要はありません。実際には施設内でこういう状況であれば死亡診断書を作成する医師も多いのではないでしょうか。
ただし、自宅であれば警察を呼んで検死した方が無難でしょう。

今日読んだ本・・・
メモし忘れました。遊び回っていてあまり読みませんでしたが、3冊くらい読んだと思います。

ランキングにも参加しちゃいました。応援ポチお願いします♪

2010.01.12 Tue l Edit(管理人のみ) l この記事を印刷 l 医学の小話 l この記事にコメントする(0) l top ▲

高脂血症 スタチン系

                             
今日の記事のカテゴリは? ⇒ 医学の小話
高脂血症の内服薬には大きく分けて二つある。スタチンとフィブラート系薬剤。
その内、今回はスタチンを取り上げてみた。

●スタチンの種類
大きく三つの世代がある。
第1世代・・・青カビの1種(ペニシリウム・シトリナム:Penicillium citrinum)から、他の微生物の細胞壁のステロール合成を阻害する物質、メバスタチンを見出された。しかし、メバスタチンは、肝毒性などの問題があった。その後、米国の製薬企業メルクが、メバスタチンと同じ構造のロバスタチン(lovastatin)を別のカビから発見し、1987年にメバコ-ルとして商品化した。
1989年には、シンバスタチン(商品名:リポバス)、1991年にはプラバスタチン(メバロチン)が発売。

第2世代・・・半合成スタチン。1998年フルバスタチン(ローコール)。LDL低下率は20-30%。

第3世代・・・化学合成スタチンで、ストロングスタチンと呼ばれる。LDL低下率は40%。
  2000年 アトルバスタチン(リピトール)10mg/日 128円/錠
  2004年 ピタバスタチン(リバロ)   2mg/日  136.8円/錠
  2005年 ロスバスタチン(クレストール)2.5mg/日 76.4円/錠
上記のそれぞれのmgが、効果・副作用などが同様と言われている量である。費用的には、最後に発売されたクレストールが一番経済的。ただ、この3種類で比較した試験では、リピトールとクレストールはHbA1cを0.1%だけだが有意に増加させ、リバロのみHbA1cを増加させないとの結果が出ているようです。

●いつ飲んだらいいのか?
体内でのコレステロールの合成は、夜寝ている間に行われているため、高脂血症の薬は夕食後に飲む方が効果が高いと考えている人は医者の中でも多いと思います。実際にゆ~も昔はそう教わりました。

でも実は違うんです。コレステロールの薬は夕方に飲まないといけないのは昔の作用時間が短かったスタチンの話。第3世代のストロングスタチンは、効果が長いため朝でも昼でも夜でも同じ効果を発揮するのです。なので、患者さんが飲み忘れの少ない時間帯に飲んだらいいのです。朝に血圧の薬を飲んでいるのなら、それに合わせて朝にスタチンも飲んでもいいのです。

医学の世界の常識はすぐに移り変わっていくんですね。ついて行かねば。

ランキングにも参加しちゃいました。応援ポチお願いします♪

2011.11.04 Fri l Edit(管理人のみ) l この記事を印刷 l 医学の小話 l この記事にコメントする(0) l top ▲